オンライントレード ~上級編~

業者の中には、応用注文と呼ばれるさまざまな注文方法を用意しているケースもあります。これらを使いこなせば、24時間稼動している外国為替取引において投資の成功率をぐっと上げることも可能です。ここでは上級者向けとして、イフダンオーダーとオーシーオーオーダーという二つの注文方法について確認していきましょう。まず、イフダンオーダーとは順位付けした二つの指値注文を同時に出し、優先した注文が成立した後に、自動的に他方の注文(ゼンオーダー)が有効になるという注文方法です。変わって、オーシーオーオーダーとは、ポジションを持つにあたって、利益確定の指値注文と損失確定の逆指値注文を同時に入れ、一方が成立した場合にもう一方を自動的にキャンセルするという仕組みの注文方法です。新規注文時にあらかじめ最大利益と最大損失を計算しておく場合に有効であり、外国為替証拠金取引は買った外貨を円に戻すことなく受取れます。通貨の受渡しのことをデリバリーといい、①実勢レートでの受渡し、②指値を使つての受渡し、③持っているポジションを使っての受渡しの3種類が存在します。デリバリーの取り扱い通貨や取引通貨単位、取引コスト、送金手数料等は各社によって異なるため、取引前に調べておくとよいでしょう。

また、業者の中には、過去の売買履歴や売買の状況、現在のポジションのシミュレーションが行える機能を所持しているところもあります。一般的にシミュレーションは、取引画面からデータを自身のパソコンにダウンロードし、エクセルで行う形態のことを指します。こういったシミュレーション機能を使用することで、相場観を磨いたり、取引タイミングを掴んだりするよい機会にすることができるでしょう。