明確に投資目的を

外国為替証拠金取引は、実際の投資金の一部を証拠金として用意することで、大規模な取引をするのと同じ効果が得られる商品になります。少ない金額で大きなリターンをねらうこのようなやり方をレバレッジ(てこの原理)と呼び、レバレッジは株式の信用取引や先物取引などでも利用されます。外国為替証拠金取引におけるレバレッジのメリットは、少ない金額でインターバンク市場の取引に参加できることと、証拠金の何倍、何十倍もの為替差益をねらえる点にあります。例えば、1ドルが120円の時10万ドルを買う場合、本来なら1200万円のお金が必要になりますが、外国為替証拠金取引であればレバレッジを効かせて、100万円程度の資金で取引が可能です。10万ドルの取引であれば、1円の変動で10万円の為替損益が発生する計算となります。為替相場は11円程度なら動く可能性があるため、100万円の投資資金で、日々10万円程度の値動きをすると予測することができます。リスクが高いと判断する場合には、証拠金率の高い商品を選び、レバレッジの効きを緩めましょう。逆に、値動きが少なすぎると感じる場合には、証拠金率を下げ、レバレッジをさらに効かせた商品を選択しましょう。外貨預金の利息に当たる金利差も、10万ドルの取引の場合は証拠金が100万円でも、10万ドル分が得られます。100万円預けて、1200万円を預金した利息がもらえると考えれば、かなりお得といえるのではないでしょうか。このように、てこを利用すれば小さな力で大きなものを持ち上げることができるように、レバレッジを効かせれば、小額で大きな取引が可能となるのです。外国為替証拠金取引は、レバレッジによって、初心者から熟練の投資家まで幅広く利用できる商品だと理解できます。自分に合ったレバレッジを選択することが大切となります。例えば、私たちは海外旅行に行く際、いくら分を外貨両替するか、現地での滞在スケジュールやショッピングの内容などをもとに計画的に予測を立て準備をします。投資も同様に、明確な目的を持って取り組むことが自身の投資スタイルを見極める上で大切なことなのでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *