外貨両替する方法

円を別の通貨にしたい時、当然それを行っているお店で交換してもらう必要があります。手段としては、空港での両替や銀行、滞在先でのホテルなどがあります。

交換を行うと、基本的に手数料がかかります。大きくわけると2種類になります。

両替手数料・・・一回外貨両替するにあたり○○円とする手数料のとり方です。いくら両替しても手数料が一緒なので、たくさん、まとめて外貨両替したほうがお得になります。日本国内の銀行や両替店なら無料の場合も多いようですが、旅行先などで変更する場合はだいたいかかるようです。海外で外貨両替する場合は先に両替手数料を聞いてから行ったほうがいいかもしれません。

為替手数料・・・両替額1ドルあたり○○円と言うふうに、外貨両替をした金額に寄って変動する手数料です。交換レートの中に含まれていることが多く、手数料とは書いていない場合が多いようです。なので、手数料が高いか安いかは交換レート(1ドルあたりいくらか)で判断する必要があります。

一例として、市場のレートが1ドル=100円、空港の両替店で円→ドル 105円 ドル→円 95円 両替手数料5ドルと表示されていたとします。この場合、3万円分をドルに交換しようとすると、3万円÷105-5280.714ドル受け取ることができるという事になります。外国為替市場のままのレートだと3万円÷100300ドルなので、この差額の約20ドル(2000円程度)が手数料になっているということになります。

手数料を落とす手段として、最近ではFX口座を利用した外貨両替を行う方法があります。FX投資は本来外貨両替を繰り返して利益を得ることを目的とした投資ですが、一部のFX会社では外貨両替サービスを合わせて行っているようです。投資として利用せず、そのサービスを受けるためだけに口座を開くのもありかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *