外国為替市場は24時間マーケット

外貨売却・外貨購入をする外国為替市場のイメージで多いのは「グローバル」「眠らない」「24時間市場」といったものです。言い換えると、それだけ外国為替市場は国際性や自由度が高い市場であるということでしょう。

外国為替市場は、世界のどこにいても、どの市場とも取引ができる市場です。また取引する商品は世界共通であり、24時間いつでも取引が可能です。日本の銀行や企業は東京市場で取引を行うのは当然ですが、営業時間帯が重なるシンガポールやロンドン、ニューヨークの市場でも取引をしていることが多いです。反対に東京市場が開いている時間にニューヨークや香港の銀行や企業が、日本の銀行相手に取引を行うこともあるようです。

このように時間帯や場所に縛られず、誰でも、どこでも、 いつでも取引できるのは、主要通貨(円、マルク、ドル、ポンド、 スイスフラン)の外国為替という商品がどこの市場でも取引されていて、取引の際の決まりも各国でほとんど同じだからです。

一日の最初の市場はニュージーランドのウェリントンで始まります。24時間市場の一つであるウェリントン市場のディーラーたちは、早朝に出勤してニューヨーク市場の後場から取引をスタートします。その後、オーストラリアのシドニー、東京、香港、シンガポール、ヨーロッパ大陸、ロンドン、ニューヨーク、米国西海岸と、外国為替市場は地球を一周していきます。外国為替市場と同じような規模で自由度の高い市場を持つ業界はほかにはないでしょう。

外貨預金の為替のリスク

外貨預金には為替のリスクが にあり、元本割れすることもめずらしくありません。 基本的には、円高のときに預け 入れ、円安のときに満期になれば いいのですが、いつもそううまくいくとはかぎリません。 為替の動向を正確に予測することは不可能ですが、今後、円高円安のどちらに向かうのか、 おおよその見通しは立てておきた いものです。 また、銀行のホームページなど にあるシミュレーシ ョンを使っ て、 自分の預金は為替レート がいくら にな ったら元本割れするか を、あらかじめ計算しておくのも よいでしょう 。満期金は円で 引き出さなくてもよいです。
定期預金が満期になっても 円に戻さずに、定期預金を継続することもできますし、定期預金から外貨のまま普通預金に預け 換えることもできます。これらは 、 満期日に円高になっていたときに、元本割れを防ぐ方法として使えます。つまり、定期を継続したり普通預金に預け換えたりして円安を待つのです。 ただし、普通預金に預け換える 場合は、満期日前に銀行にその旨を連絡しておく必要があります。 また、満期金は円に戻さず、 T/ C(トラベラーズチェック)に換えたり、外貨のまま海外にいる家族への送金などに使ったりすることもできます。 ただしこの場合は、 T/ Cの発 行手数料や海外への送金手数料がかかります。また、外貨のまま で引きだすことも可能ですが、外貨を円にする為替手数料よリも高い手数料がかかります。 しかし、銀行によっては、取引実績や口座残高によって、 T/ C の発行や海外送金に対する手数料を割引するサービスを行っている 場合もあリますし、米ドル決済用 のクレジッ ト力一ドを発行してい るところもあるので外貨のまま使う予定がある人は、あらかじめ 銀行の サービス内容をよく調べて おくとよいでしょう。

買取請求

買取請求は、販売会社が投資家から投資信託を買い取る方法です。換金楽や換金までの日数ですが、税制は解約請求の場合、配当所得とし、利益の2割が源泉徴収されます。確定申告は原則として不要です。買取請求では、利益の2割、申告分離課税が適用されます。

銀行が破綻した場合、投資信託は預金保険の保護対象にはなりませんが、銀行などは投資信託を販売しているだけで、運用しているのは別の機関ですので、心配はありません。

個人投資家の立ち位置

莫大な資金を預かり相場を大きく動かすこともあるのがヘッジファンドでした。 これに対して個人で資金を用意して外貨両替の取引を行うのが個人投資家です。 個人なのでもちろん元手になるお金には限りがありますが、それでも投資を始めることは可能です。 ファンドのように億単位でなくても、百万単位あるいは十万単位でも取引できるので、初めてでも参入しやすいと言えます。

取引するにあたっては証券会社を選ぶ必要がありますが、どの要素を元に選ぶのかも考えなければなりません。 規制があってから大々的にかけることはできなくなってしまったものの、少額の資金を元手に何倍もの外貨を扱いたいのであれば、レバレッジ倍率の高いところを選ぶと良いでしょう。 現在は個人の投資へのサポートを行っている業者もありますし、どこも洗練されてきているので比較的始めやすいです。

パソコン一つあればチャートを開けますし、ネット上からいつでも売り買いの取引ができます。 今はスマホ時代ということもあり、PCとアカウントを共有してログインすれば、いつでもどこでも外貨両替取引ができる点も見逃せません。

大きな資金を動かして相場を左右させるといったことはヘッジファンドにかないませんが、個人的に資産を増やしてみたいという方にはおすすめの方法です。 投資はギャンブルではないので一か八かといった要素は薄く、頭を使って戦略的に利益を積み重ねていくものと思っていてください。 資金を預けて運用してもらうのか自分ですべての取引を行うのかの違いはあるものの、単に預金を余らせているようであれば、外貨両替に投資したほうが良いと言えます。

個人でコツコツと稼いでみたい方は始めてみてはどうでしょうか?

為替の動きをつかもう

東京・ロンドン・ニューヨークなど、世界中24時間休むことなく取引されている外国為替市場では、1日で15000億ドルにも及ぶ取引量を誇っています。これは全世界の株式市場の取引量数倍に相当すると考えられ、個人や一企業が相場を左右したり、インサイダー取引を行うことは困難です。世界中に開かれた市場であり、プロでも初心者でも情報収集の上で差はほとんどないでしょう。たとえば、米国とイラクの間で戦争がはじまった際に、ある外国為替証拠金取引サービスを提供している業者が、顧客の一人が相場の動きをぴたりとあてて売買を行っていることに気づきました。何故そんな芸当ができるのか聞いてみると、TVのワイドショーで常に放送している戦争中継をみて、イラク軍の反撃があったり、戦争の長期化を予想させる報道が伝えられると米国の経済への影響が心配され、ドルが値を下げるため、早めにドルを売る。米軍の進行の情報が伝えられると、やがて米国の勝利が近いとドルが上がるからその前にドル買う、という投資行動を取っていたとのことであった。その業者では業務中にTVをつけていなかったので、何故値が動いているのか気づかなかったようです。TVやインターネットがあれば、誰でも国際政治や為替相場の情報をリアルタイムで入手することが可能です。外国為替市場は初心者でも臆することなく勝負できる、公平かつクリーンな市場なのだといえるでしょう。

明確に投資目的を

外国為替証拠金取引は、実際の投資金の一部を証拠金として用意することで、大規模な取引をするのと同じ効果が得られる商品になります。少ない金額で大きなリターンをねらうこのようなやり方をレバレッジ(てこの原理)と呼び、レバレッジは株式の信用取引や先物取引などでも利用されます。外国為替証拠金取引におけるレバレッジのメリットは、少ない金額でインターバンク市場の取引に参加できることと、証拠金の何倍、何十倍もの為替差益をねらえる点にあります。例えば、1ドルが120円の時10万ドルを買う場合、本来なら1200万円のお金が必要になりますが、外国為替証拠金取引であればレバレッジを効かせて、100万円程度の資金で取引が可能です。10万ドルの取引であれば、1円の変動で10万円の為替損益が発生する計算となります。為替相場は11円程度なら動く可能性があるため、100万円の投資資金で、日々10万円程度の値動きをすると予測することができます。リスクが高いと判断する場合には、証拠金率の高い商品を選び、レバレッジの効きを緩めましょう。逆に、値動きが少なすぎると感じる場合には、証拠金率を下げ、レバレッジをさらに効かせた商品を選択しましょう。外貨預金の利息に当たる金利差も、10万ドルの取引の場合は証拠金が100万円でも、10万ドル分が得られます。100万円預けて、1200万円を預金した利息がもらえると考えれば、かなりお得といえるのではないでしょうか。このように、てこを利用すれば小さな力で大きなものを持ち上げることができるように、レバレッジを効かせれば、小額で大きな取引が可能となるのです。外国為替証拠金取引は、レバレッジによって、初心者から熟練の投資家まで幅広く利用できる商品だと理解できます。自分に合ったレバレッジを選択することが大切となります。例えば、私たちは海外旅行に行く際、いくら分を外貨両替するか、現地での滞在スケジュールやショッピングの内容などをもとに計画的に予測を立て準備をします。投資も同様に、明確な目的を持って取り組むことが自身の投資スタイルを見極める上で大切なことなのでしょう。